News

2018-11-01 12:59:00

Instagram-image

10月13日山梨県の清里にある清泉寮で行われた「ポール・ラッシュ祭」で歌ってきました!

 

今回2ステージも歌わせていただけたので、1stはバンド!2ndはアコースティックで演奏してきました!毎年このお祭りを楽しみにしている人がたくさんいるだけあって、とても楽しいお祭りでした!ちょっと楽しすぎたので、どんなお祭りなのかをお伝えするため、そして演奏前や演奏後の私に勝手に密着した動画を作りました笑

 

YouTubeにVol.1 そしてVol.1 続編をupしてます!

 

 

 

 

 

 

カバー動画などは公開していましたが、こういう動画を作ったのは初めて!楽しんで頂けたら嬉しいです!!

 

11月は新しいプロジェクト始動しますのでそちらもお楽しみに!またね〜!

 

2018-09-25 16:36:00

 

9月22日・24日と私の地元山梨県の国母公園で開催された甲府市最大の音楽フェス「RESORT JAM」

 

出演をかけたオーディションを経て、オープニングアクトとして出演させて頂きました!!!

 

2次審査はSNSのいいね、シェア数の多さで決まるという活動開始してから1年も経たない私にとってハードルの高いものでしたが、いいねやシェアをしてくれた方々のおかげで無事最終審査まで進めて、そして念願だったフェス出演を叶える事が出来ました!!

 

フェス出演をかけたオーディションは3回目で、SNS審査や投票審査から毎回先に進めなかったので今回いいね、シェアをLINE@やメッセージでお願いした時に快く答えていただけて本当に嬉しかったです。

 

夢とか目標が叶うたびにいっつも思う事!

私は一人じゃなーーーんもできね!!

今回こんな大きな舞台で歌えたのも、

フェスを製作している方々、オーディションから応援してくださった方々、そして山梨まで演奏に来てくれたバンドのみんなのおかげです。

 

ありがとうございました!!!!!

 

これからも少し灯りが見えて来たトンネルの中をアクセル全開で道を切り開いて行きます!

 

IMG_2896.JPGIMG_2900.JPG

2018-08-08 19:42:00

2018年8月8日本日リリース、暁月凛さんの記念すべき1stアルバム「Time Capsule」収録曲

 

 

Far from home」の作詞を担当させていただきました!!!!!

 

 IMG_2226.JPG

 

ピアノとヴァイオリンと暁月さんのボーカルのみの美しいバラード、作曲はバークリーの先輩、井上泰久さんそしてヴァイオリンを演奏された中嶋優紀さんも大学の先輩と、尊敬する先輩方と作品に関わらせていただけてとても光栄です。

 

 

この曲の歌詞を書いている時、いつもの癖で

「こうした方がいいんじゃないか?」

「こっちの方が暁月さんらしいかな」

と悩んでいた時、作曲者の井上さんが

「君が良いと思うものを書いて欲しい」

って言ってくれました。

もう心が大海のよう。優しい。

その言葉のおかげで頭にふと浮かんだ景色、

 

 

夢を抱いて誰も知らない土地に一人、力強く生きている女の子の姿。なんでそんな景色が浮かんだのか今でも不思議なのですが、

 

 

彼女が引っ越してきたアパートで荷ほどきをする姿、

 

右も左もわからない街を涙をこらえながら歩く姿、

 

家族に電話をしようとした手を止める姿、

 

泣き疲れて目覚めたら雨が止んでいた窓の外の景色。

 

そして、夢を現実にするため決意した姿。

 

 

全てが目の前で起きてるように頭の中に浮かんできて、その光景を言葉を選びながら紡いだ不思議な体験でした。

 

 

出来上がった歌詞を歌う暁月さんの声を聞いた時、何か伝わったんだ、きっと私に浮かんだ景色は暁月さんだったのかも、なんて結構気味の悪いことを思うくらい、暁月さんの唄声はやっぱり素晴らしくて鳥肌が立ちました。

 

 

作詞させていただけた事、とても光栄でとても嬉しくて、誰に歌われるわけでも、自分で歌うわけでもない”落書き”を幼い頃から書きためていた私には夢が現実になって、言いようがないくらい嬉しいです。

 

 

そして何より暁月さんがこの曲を

アルバムの1曲目に選んでくださって、それは多分(気味が悪いのは知ってるけど笑)私が見た景色は暁月さんが暁月さんの始まりに見た光景で、それは今までに私が見てきた光景でもあり、辛かった事も報われた気がしました。

 

 

暁月さんの唄声が大好きで、

背中を押してもらっていたので

 

「一生忘れられない記憶ポケット」

 

にまた一つ素敵な記憶が増えました。

 

関わらせてくれた皆さん、本当にありがとうございます。

 

作詞家としての大きな1歩!

 

これからも「一生忘れられない記憶ポケット」がパンパンになるように頑張ります!

 

暁月凛さん official website

http://www.akatsukirin.com

暁月凛 「Time Capsule」

配信DL、サブスクリプション&ストリーミング
2018-08-05 11:47:00

前回のカバー動画と雰囲気を変えて、 LINEの画面を使ったカバー動画にしてみました!

是非全画面で視聴してみてね♡ 

 

 

 

 

今回の曲はSam Smith の Too Good At Goodbyes.

 

私はイギリス出身のアーティストが好きな傾向にあるのですが、彼もその一人。

 

2012年10月8日にdisclosureの「Latch」という曲にゲストボーカルとして参加して一躍有名に..

 

Sam Smithといえば2014年のStay With me やI'm not the only oneの方が有名な曲だと思うのですが、この曲は昨年に発売された新曲という事でこの曲を原キーで挑戦してみました。低音を綺麗に発声するのって難しいですね!

 

 

彼の曲は耳にももちろん残るのですが、胸にずしりと残る"何か"が素晴らしくて聞けば聞くほど引き込まれるような魅力。

 

 

派手な音楽よりもタイトで時に鬱々としている音楽が実は大好きで、現在自分の今ある曲たちもそんなアレンジにしようと奮起しています。

 

まだ色々言える段階にはないけれど、サポートメンバーが変わったり曲のアレンジが変わったり、2018年前半に積み上げたものをぶっ壊し、2018年後半またたくさん挑戦していこうと思っています。 

 

そんな過程に付き合ってくれる才能と優しさを兼ね備えたサポートのバンドメンバーに出会えて私は幸せ者!今までよりも密な距離感で曲を仕上げていけそう....。次のライブで色々変わっててもびっくりしないでね!笑

 

カバー動画をあげ始めてから、一体誰が見てくれて一体これは何の役に立っているんだろう?と闇落ちしそうになったりしますが笑

 

好きです!歌うこと、音楽を作る事、音楽を通して人に出会える事!向いている向いていない、才能のあるなしは死ぬ時にでも勝手に自分で判断しようと思います!

 

楽しみにしてくれる人がいると信じて、居なかったとしても心から楽しんでこれからも歌い続けます。 

2018-07-22 14:07:00

 

YouTubeに初カバー動画をupしました☆

 

 

ColdplayのFix youという曲です。辛い時に何度も聞いた曲、そして私が留学中大好きな教授の授業で友人の男の子が歌った曲。その授業は演技の授業だったのですが、セリフを読む授業ではなく歌の中で演技をするというクラスで、歌手は俳優、そしてストーリーテラーであるという事を教えてもらいました。

 

 

友人の男の子に教授が指導した歌い方は、このFix youという優しく包み込むように励ますような曲を「サビ以外は鼻で笑うように歌え」というびっくりな指導でした。友人は戸惑いながらも「頑張っても上手くいかない時、本当に欲しいものが手に入らない時、疲れているのに眠れない時、同じことの繰り返し」という歌詞を、バカにするような表情で鼻で笑うような歌い方でクラスの皆の前で歌い、歌い終わった後クラスの皆も歌った本人も驚くほどこの歌に新たな力が生まれた事を感じました。

 

私は泣きそうになったよ...!言葉で説明するの、難しいなぁ。

 

歌の解釈は人それぞれ、そしてこう歌えばこう伝わるなんて法則はない。少し悲しい言葉が続くAメロ。きっと皆こんな経験をした事があって、歌詞のような状況に陥った時、涙を流す人もいればやけくそになる人もいる。でもこの曲をカバーする人は涙を流す人や落ち込んでふさぎ込んでいる人達に寄り添った表現を選ぶことが多いから、教授は諦めたようなあざ笑うような表情や歌い方をする事をさせたんだと思います。

 

「全ての人に響く歌い方なんて存在しないけど、受け取る側の気持ちを汲めないなら歌手とは言えない。」「歌手は皆の気持ちを代弁する仕事。」

 

繰り返し教えてくれた大好きな教授のレベッカ、元気かな〜?たまに授業の時間を忘れて1時間の授業に20分遅れてきたりするんだけど、お茶目で皆から愛されている教授です。

 

 

歌詞は演技のセリフと同じ。歌う時の表情や歌声の温度を大事に、決して音の正しさやリズムの正確さだけに捉われず、大好きな曲たちをカバーしていけたらいいなって思っています。

 

1 2 3