Profile

Asukalle...?

 

山梨県出身のギリギリ平成生まれ。13歳から都内にあるボーカルスクールで歌を学び始め、2011年バークリー音楽大学へ入学。しかし入学当初右も左もわからずヘビーメタルのクラスに入ってしまい、ジャズの名門と呼ばれる大学で最初にステージで歌ったのはIron MaidenやMegadeathだった。大学在学中の後半2年間はなぜか突然ミュージカルに目覚め、ミュージカルの舞台を中心に経験を積む。主な出演舞台はシェイクスピア「真夏の夜の夢」ブロードウェイ作品「Cabaret」等。

 

20165月に帰国し、2本のミュージカルに出演した後にオリジナル曲の制作を開始。

2017年「気になるあのこ」というユニットを結成し、「COMIN KOBE 17」出演をかけたオーディションで多数の応募者の中から自身が作詞作曲した曲で最終選考の10組に選ばれた。結成したばかりで持ち歌1曲で突撃。”ダークホース”と呼ばれたが本命には到底及ばず新たな挑戦を覚悟する。

 

同年12月、都内でのワンマンライブをきっかけにAsukalle(アスカ・ル)としてサポートバンドThe 108ers(ワンオーエイターズ)と共にライブごとに異なる編成、演出で都内を中心にライブ活動を開始。

 

2018321日リリースの小林克也&ザ・ナンバーワン・バンド25年ぶりのアルバム『鯛 ~最後の晩餐~』にコーラス・歌で参加するなど、類稀なる幸運さを武器に活動の幅を広げている。

 

彼女は素晴らしい女優です。彼女は多才で、人々を大笑いさせその次の瞬間には涙を誘うことができる。ステージの度にパワフルな存在感、パフォーマンスで観客を沸かせてきました。彼女の才能と技術を僕はとても信頼しています。これから何年もずっと共に作品を作っていきたいと願っています。

ーリニー・フィスター  (ミュージカル監督・バークリー音楽大学教授)

 

 

Asukalle is a Tokyo-based singer, singer-songwriter and lyricist. in 2016 she graduated from Berklee college of music in professional music major. After she graduated, she appeared in two musical theater shows in Tokyo in 2016. 

 

In 2017, she started writing her original songs. With her first original song, she was selected as the finalist of a competition to perform at big music festival called COMIN KOBE which is held in Kobe, Japan every May.

 

In 2018, she sang with legendary DJ Katsuya Kobayashi for his album called Tai~saigo no bansan~ which is released from Victor music entertainment on March 21st 2018.

 

Currently she is performing her songs with her band “108ers” at various venues in Tokyo. Also as a lyricist, she is writing lyrics for artists who working with major record company.

 

 

 

Asukalle is an extraordinary actress. She is versatile and able to becompletely hilarious in one moment and bring you to tears in the next.

She brought powerful presence to all the shows she did at Berklee and audiences enjoyed her performances immensely.

I believe in her talent and professionalism and more than that she is one of those people I hope to continue to work with for many years to come.

 

-Rene Pfister (Theater Director / Professor of Berklee College of Music)